感情を受け入れる

感情を受け入れる
春、夏、秋、冬


一番大切な季節はどれですか?  
 

比較できませんよね
 

なぜならどの季節にも良さがあるし
そもそも役割が違います


ではもうひとつ質問
 

喜、怒、哀、楽
 

一番大切な感情はどれですか?


多くの人は「喜び」と「楽しさ」だけにしか価値を置きませんが
心理療法の世界では
喜怒哀楽、すべての感情を足すと
「愛」になると言われています


不安だって、悲しみだって、
大切な感情なのです


感情のままに「行動」したときは
都合の悪いことも起こりますが
「感情」自体には良いも悪いもないのです


すべての気持ちの総和が「愛」だからです^ ^
 

だからもし
不安や嫉妬などの気持ちが生まれたら
その感情の存在をちゃんと認めて
受け入れて
「いいんだよ。ここにいて」と
心に居場所を作ってあげましょう


すると、不安な感情が癒されていきます


自分の感情を否定せず
「いま、そう感じているんだね」って
心に居場所を作ってあげる


するとその感情は手放され
愛に溶け込むのです


なぜなら
すべての感情を足すと「愛」になるからです
 
 
「Heal(癒し)」の語源は「Whole」だと言われます。
「Whole」=「全体」(部分に分けない)「まるごと」ということです


「聖なる(Holy)」の語源も同じく
「全体(whole)」からきています


全体性を取り戻したときに起きる現象が「Heal」(癒し)です


すべての感情を素直に認められたとき
全体性を取り戻し
そこに「聖なる」「Heal」(癒し)
が起きます


だから、哀しくなってもいいんです
不安になっても大丈夫です
その嫌な感情を許してあげてください


すると
その感情は「愛」にとけこみます
自分のありのままの感情にOKを出してあげてください


だって、それが自分だから
 

それが自然だから
 

そこから始めてみませんか?
 
喜怒哀楽は愛