本当の自分を知りたいなら

本当の自分を知りたいなら

突然ですが問題です。

以下のうち、本当の自分はどれでしょう?

 

①自分も他人も知っている自分

②自分は知っていて他人は知らない自分

③他人は知っていて自分は知らない自分

④自分も他人も知らない自分

 

 

正解は、①です。

 

これは『ジョハリの窓』といって、心理学者のジョセフ・ルフト氏と、

ハリントン・インガム氏により考案された概念で、2名の名前の頭文字を合わせて(ジョハリ)と名付けられました。

 

ジョハリの窓は、自分自身の特性を「4つの窓」(開放、盲点、秘密、未知)に分類した上で、自分の能力を開花させていくための手法で、主にビジネスや対人関係向上のために広く使用されています。

 

最初の4つの問題では、以下のように分類されます。

①自分も他人も知っている自分(開放)

②自分は知っていて他人は知らない自分(盲点)

③他人は知っていて自分は知らない自分(秘密)

④自分も他人も知らない自分(未知)

ジョハリも窓

 

能力開発において、①の開放の窓を広げていくことが良いとされていますが、

そのためには②と③の領域を先に広げ、④の領域を狭めていくことが重要です。

つまり、他人に「質問」して盲点を無くし、自ら「自己開示」して秘密を無くしていくことで、未知の領域が自然と無くなり、自他ともに認める本当の自分が開放されるのです。

 

自己肯定感が低い人は、②③④の割合が大きい人が多く、

自己肯定感が高い人は、①の割合が他と比べて大きい人が多いです。

 

これは、自分に〇、他人に〇が出せている理想的な状態です。

 

自己肯定感を高めるカウンセリングやワークショップでは、ジョハリの窓を使って自身を開放させていくパートもありますので、自分の可能性が広がっていく感覚を体感できます。

ぜひ楽しみにしていてください。