劣等感は超えられる

劣等感は超えられる

コンプレックスを感じなかったらどんなに楽だろう…

いつも他人と比べたり、比べられたり
疲れ切っていませんか?

「比較」という箱に閉じ込められた自分がいたら
その箱を客観的によく観察してみましょう

箱の中は、劣等感・自己否定・優越感・自信過剰であふれていて
窮屈さに一喜一憂してしまう自分がいませんか?

そんな時は小さな箱を飛び出して
外側の広い世界から見てみてください

実はこの箱は
中で生きるためのものではなく
外から丸ごと抱えて生きるためのもの

その箱全部が自分の個性
自分自身だったと、気が付きませんか?

個性は比較されるためにあるのではなく
いろいろな感情を体験するために用意されているもの

そして、それぞれの個性の違いは
それぞれが知りたいことのためにあるとしたら
お互いの違いを認めて応援し合いたいですよね

あなたに必要なのは
コンプレックスを嘆くことでも
他人と比べることでもありません

あなたの個性が教えてくれた
劣等感という感情をも愛することなのです

その瞬間、本当のあなたが光り輝くかもしれません

 

箱の外には何がある?